写 真 日 和

〜日々の空と風景の記録〜
<< 朝焼けの季節。 | main | レンズ越しの勇気 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
視点の違い
以前、彼岸花を撮りに行こうと思い立ち
近場で名所はないものかと探してみたことがあった。

運良く、車で20分程度のところにあることがわかる。
いい天気だし、早速行ってみた。

よく晴れたまさに「写真日和」な空の下。
彼岸花は、少し盛りを過ぎていたけど綺麗に咲き誇っていた。
遠くから見たそれは、真っ赤な絨毯のよう。

私はカメラを持って、被写体を探しながらゆっくりと歩く。
すると、同じようにカメラを持った人が大勢いることに気付く。
どの人のカメラも、皆大きなレンズつきだ。
三脚を片手に、大きなバッグを抱えてあちこち移動する人もいた。


そういったカメラを持ってる人たちは、真っ赤な絨毯のよく見える場所を陣取り
カシャカシャと、小気味いい音を響かせていた。
その人たちのレンズ越しには、きっとあの真っ赤な絨毯が
目いっぱい映ってるんだろうな…そう思いながら
私はその場には立ち止まることなく、ただ通り過ぎる。


で、結局私が撮るものは何かと言えば
こっそり田んぼの脇に咲いてる1輪の彼岸花だったり
あぜ道側に、おじぎをするように垂れてる稲穂だったり。
周りを見ても、同じようにカメラを構えてる人は誰もいない。


人と違ったことがやりたいわけではない。
撮りたいものが、人と違うだけ。
多分、私の視点はどこかずれてるんだと思う。
けど、そんな自分が結構好きだったりする。

| 写真生活 | 17:27 | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 17:27 | - | -
コメント
はじめましで。。。

あの、何で言うが、私は桂樹さんのファンだよ^v^。

偶然に、此処を見つけた、そしで、桂樹さんの写真をみて、凄く感動しました。

桂樹さんの写真の中には、優しい気持ちと、寂しい世界がいっぱいあります。

こいう人もいるんだっで、とるすればあんなに綺麗な写真が撮とけるっで,いつもそ思うよ。

。。。。以上だ。何が恥かしい事が言ましたね。

追申:私の日本語はまだ上手ではありませんから。以上の言葉にはいろなミスがいるかもしれない。でも、そうかもしれないけと、私はやはり桂樹さんに気持ちを伝わればならないと思います:

貴方の文字や写真や全部大好きです!



from shanghai china 
chou.k.r
| CHOU | 2005/11/08 1:25 AM |
CHOUさん、はじめまして。
伝えてくれて、ありがとう!とても嬉しいです。
また見に来て下さいね^^
| 桂樹ミミ | 2005/11/08 9:46 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://photomix.jugem.cc/trackback/616
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
PROFILE